アートメイクとは

アートメイクでたれ目メイクや魅力的なアイラインも思いのまま@姫系メイク

アートメイクすっぴん美人アートメイク アイライン実は知らないところでやってる人多くない?

アートメイクアイラインはこんな人におすすめです

●目を大きく見せたい。
●ノーメイクでも魅力的な目でありたい。
●まつ毛が短く、量が少ない。
●視力が弱くてうまくメイクができない。
●コンタクトの方。
●花粉症の方。

アイブロウと同様に、アイラインもアートメイクでは一般的です。

なにがいいか、簡単に言うと。
アイラインが洗顔で落ちて目の下が黒くなるような事がなくなります。
コンタクトをしている方や、花粉症でよく目をこすってしまう人などからの支持が多いです。


アイラインは、目元にこだわりを持つ人が多く、20代の方が多くみられます。
目の淵は上下ありますが、上に色を入れることでまつ毛を長く・多く見せることができます。
また、目の内側や眼尻を強調するようなイメージで色を入れることで、目を大きく見せたり、魅力ある目を作ることも可能です。

たれ目メイクをしなくてもナチュラルなたれ目をすっぴん状態で維持できます。

通常のメイクとの違いといえば、
ペンシルでは滲み、リキッドではうまく引きづらい目のキワまでしっかりと色をのせることができます。
そのため黒目がより協調され、大きく、魅了的な目に見えるようです。


濃く入れすぎてしまう事はないのかと気になる事もありますが、
アイライン部分は非常に繊細な部分でもありますので、いきなり濃く色を入れられてしまうという事はありません。
浅く徐々にに色を入れていき、途中何度か自分自身で鏡を見ながら施術を進行していくのが一般的です。

また、上はしっかり入れたいけど下は自然に。
という要望が多いようで、そういった場合にもぼかしを使い、入っているかいないか分らない程度に仕上げることも可能です。

また、基本的にアートメイクは2〜3回に分けて施術を行う事がほとんどです。
これは人によって色が残りやすい、残りにくいといった違いがあるためで、2〜3回目の施術でそれを調整するのです。

一生落ちない事はなく大体5年ほどで薄くなります。

目指せモデルの先端メイク自分流アレンジカリスマモデル達のメイクでナチュラル美人スタイル

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。